レンタカーで札幌から洞爺湖まで峠越え旅の始まりです

北海道でレンタカーを借りたのであれば、思い切って峠越えドライブをしてみませんか。
宿泊先の札幌から峠を越えて洞爺湖まで、ゆっくりと行きましょう。
洞爺湖まで一般道ですと時間はかかりますが、高速道路が整備されていなかった頃は仕事上でも一般道を使用していました。
札幌から洞爺湖までの旅の始まりです。

・定山渓から中山峠に

国道230号線を南に進んでいくと、定山渓温泉があります。
札幌から一番近い温泉で、多くの観光客が訪れています。
近くの豊平峡では温泉の他にダムもあり、紅葉が見所です。
レンタカーで峠を登りきったところに、中山峠があります。
中山峠の山頂には、道の駅「望羊中山」があります。
テレビでも何度も紹介されている「峠のあげいも」が有名で、買い求める客で長い列ができています。
ここを過ぎると、いよいよ広い札幌市からもサヨナラです。

・羊蹄山と細川たかし

中山峠を降りると、蝦夷富士と呼ばれている羊蹄山が見えてきます。
少し寄り道になりますが、羊蹄山の麓にある京極町には、ふきだし公園があります。
ここの湧き水は、名水百選に選ばれるほど有名で、多くの人が名水を汲みに来ます。
真狩町には、細川たかしの出身地で、細川たかしの記念像があります。
羊蹄山をバックに記念像から流れる細川たかしさんの曲は、年配ファンの方には思い出になるでしょう。

・わかさいも本舗と有珠山噴火

北海道はスイーツの宝庫で、全国でも名の通ったお菓子は数多くあります。
わかさいもは、その中では全国での知名度は低いかもしれませんが、北海道では知らない人はいない老舗スイーツです。
2000年に起きた有珠山噴火の時には、住民の死者が出る被害はありませんでしたが、わかさいも本舗工場は使用不可になりました。
製造が再開されたのは10年もたった後でした。

・奇跡の山、昭和新山

昭和の初めに、畑だった平坦な土地が、地震とともに隆起して2年がかりで標高398mの山となりました。
何もなかったところにいきなり火山が生まれるなんて、まさに大自然の奇跡です!
それが昭和新山ですが、その成長過程を記録していた人がいました。
地元で郵便局長をしていた三松正夫という方で、何と昭和新山は三松さん個人の所有物だったそうです。

この奇跡の山をレンタカーでじっくりと見ていきましょう。

関連する記事