北海道でレンタカーを利用するなら「乗り捨て」がオススメ

北海道は思った以上に広いので、当初思っていたような観光プランが実行できない場合があります。
欲張って遠くまで行ったら予定時間に戻れなくなることはよくあります。
北海道を効率よく回るには、レンタカーは必須ですが、レンタル店舗に戻るのも大変。
しかし、レンタカーには「乗り捨て」というサービスがあるって知っていましたか。

・レンタカーの「乗り捨て」とは

北海道旅行でレンタカーを借りて、借りた店舗と違う店舗に返したいと思ったことはありませんか?
いわゆる、「乗り捨て」ですが、このサービスがあるのです。
乗り捨てをするのは可能なところも多いのですが、乗り捨て料という料金がかかります。
北海道でレンタカーを乗り捨てするときのポイントを紹介します。

・レンタカーの「乗り捨て」はできるのか

北海道旅行の時に、到着時は新千歳空港だったけれども、旭川空港から帰りたいということがあります。
そんな時に、レンタカーを新千歳空港で借りて、旭川空港に返却できると便利です。
これが利用できれば、効率よく多くの場所に行けます。
移動で多くの時間を費やしてしまうというデメリットが解消できるのです。
実は、大手のレンタカー会社には乗り捨てというサービスがあります。

・乗り捨てレンタカーの注意点は

レンタカーを乗り捨てできれば便利ですが、乗り捨て料金が追加となります。
同じ、北海道内でも距離によって料金が変わっており、エリア毎(札幌、函館、旭川など)に料金に違いがあります。
例えば、札幌から旭川で、3,000円〜3,500円。札幌から函館だと、7,000円〜8,000円位です。
また、大手のレンタカー会社などでも、乗り捨ての取り扱いがない店もあります。
他にも車種によって乗り捨て不可の店もあります。

・レンタカー乗り捨て料金が無料の地域

北海道観光を、札幌を拠点として周りたい人も多いと思います。
その場合、新千歳空港から宿泊先の札幌まで、レンタカーで移動することがあります。
帰りは逆に、札幌から新千歳空港までレンタカーを利用することになるでしょう。
実は、札幌と新千歳空港間の乗り捨ては、ほとんどが無料なのです。
新千歳空港から札幌へ向かう時は、是非とも利用しましょう。

関連する記事